事業案内離婚・男女問題

あなたの離婚問題を、経験豊富な、
離婚に強い弁護士が解決します

あなたの離婚問題を経験豊富な、離婚に強い弁護士が解決します

離婚問題の経験豊富な弁護士が親身になってご相談をお受けいたします。 また、心の負担を少しでも軽減できるよう最善の努力をさせていただきます。

はじめに

離婚・男女問題は早めの解決が一番大事です!

これが、当事務所が32年間多くの離婚・男女関係に関する問題を扱ってきた結論です。 離婚・男女問題ほど、精神的にも経済的にも辛い争いはないのではないでしょうか?

貴重な時間を長期間にわたる憎しみと係争で失ってしまうのは、これまでの結婚・恋愛期間を終わりにするのと合わせて、二重の損失を受けることになってしまいます。 離婚問題を長引かせて、相手の悪いところばかり見てしまったり、不信感や憎しみが募ってしまうよりは、早期解決をし、新たな道を選ぶのが最善だと、私たちは考えています。

人生は一度しかありません。依頼者が新たな人生を送れるよう、私たちは全力を尽くします。

離婚問題の受任件数は多数!安心しておまかせください。

名古屋総合法律事務所は、年間550件の離婚相談をお受けし、年間250件の離婚調停を含む、離婚及び離婚関連事件を受任しております。 そのため離婚事件に特化し、多くのノウハウを蓄積・共有しており、離婚分野では愛知・名古屋で一番の事務所なっております。

離婚問題の受任件数は多数!安心しておまかせください。 在籍する弁護士は、隣接分野である相続、不動産法務、債務整理分野と中小企業法務分野の知識と豊富な経験を持っています。それと合わせて離婚問題に強い弁護士だからこそ培われた「専門性と総合力」、離婚問題の本質を見抜くことが出来る「鋭い洞察力」で依頼者を勝利に導くことができるのです。
今後も研鑽に励み、離婚分野の特化を進めることで、より良い法的サービスを適性な価格で提供し、西三河のご依頼者の皆様にご満足いただけるよう、努力を続けてまいります。

コラム1 数字で比較する愛知県内の離婚相談件数と当事務所の取扱件数

愛知県全域を管轄する名古屋家庭裁判所管内において、平成24年に終局した離婚での婚姻関係調停は4048件、うち弁護士が就いていたものは、1822件です。

また、愛知県弁護士会の最大規模の法律相談センターである、名古屋法律相談センターにおける平成24年度の離婚相談は 951件です。

2013年11月28日現在で、名古屋法律相談センターに離婚相談の相談員として登録している弁護士数は574名ですので、離婚相談登録弁護士の同センターにおける1年間の離婚相談件数は、平均で登録弁護士1人当たりわずか1~2件足らずということです。

これらのデータからも、当事務所の離婚チームが、いかに多くの離婚相談・離婚事件を扱っているかご理解いただけると思います。

当事務所へ依頼いただいた場合の
3つのメリット

初回無料。だけど充実した相談が可能です。

名古屋総合法律事務所では、事前に詳細な相談票を4枚ご記入いただき、メールもしくはFAXで送付してもらうことを、相談実施の要件としております。事前に詳細な情報をお知らせいただくことで、初回のご相談を充実したものにすることができるのです。

「誰にも知られることのない」ことを徹底しています。

「完全予約制」「個別相談」「完全個室での相談」を徹底しております。 またご相談の際に頂戴した個人情報は、責任を持って保管及び破棄いたします。

ご相談~裁判まで、経験豊富な弁護士が全てを請け負い、対応いたします。

弁護士が問題解決にあたりますので、離婚協議書の作成、相手との交渉、調停・審判・裁判まで全て行うことができます。つまり離婚の分野でしたら、全ての問題に対応することができる、ということです。
加えて所内には、離婚カウンセラー・司法書士・税理士がおりますので、離婚にまつわる、法律問題以外の問題もほぼ全てワンストップで解決いたします。

離婚・男女問題 解決事例

夫の交際相手に慰謝料請求をした事例

ご相談者様の状況・ご相談内容

50代女性の離婚ケース

10年以上も前から繰り返された浮気。慰謝料を請求ってできるんでしょうか・・・

⇒ 詳しくはこちら

離婚に応じてくれないモラハラ夫との離婚

ご相談者様の状況・ご相談内容

50代女性の離婚ケース

結婚当初から繰り返されたモラハラに、もう耐えられない。どうやって離婚すればいいでしょうか・・・

⇒ 詳しくはこちら

解決事例一覧はこちら

当事務所の離婚事件 料金・費用

離婚事件の内容

着手金

報酬金

離婚交渉・離婚調停事件

20万円(税抜)~

解決報酬20万円(税抜)~+経済的利益に対する報酬

離婚訴訟事件

30万円(税抜)~

解決報酬30万円(税抜)~+経済的利益に対する報酬

↑ページトップへ