解決事例

事例23 不貞慰謝料請求を受け、300万円以上の減額に成功したケース

ご相談者様の状況・ご相談内容

男性の離婚ケース

  • 依頼者:Aさん(男性
  • 相手方:Bさん(男性
  • 交際相手:Cさん(女性

事案

AさんはBさんの配偶者であるCさんと不貞行為に及んでしまったところ、Bさんの代理人弁護士から多額の慰謝料の請求を受けたため、弊所に相談へいらっしゃいました。

解決内容

Aさんから依頼を受けた担当弁護士は、速やかにBさんの代理人弁護士と交渉を開始し、
AさんとCさんの交際関係がごく短期間で解消されている事実を指摘した上で、
裁判例での相場からも、請求金額が高額過ぎる旨の反論を行いました。

交渉の結果、当初請求金額から300万円以上減額した金額で、和解をすることができました。

カウンセリング

担当弁護士の所感

  • 不貞慰謝料の金額は、不貞行為の頻度期間従前の夫婦関係の状況など、様々な事情を考慮した上で、最終的に裁判所が判断します。
    本件のように、不貞の交際期間がごく短期間で解消されている事実は、慰謝料を減額する要素となります。
  • 不貞慰謝料の請求を受けた場合は、まず専門家である弁護士に相談し、請求金額が妥当なものであるかどうかを確認された方が良いでしょう。

解決期間

  • 2か月
   
↑ページトップへ