地域の皆様へ

事例06 慰謝料請求をうけ、早期に解決した事例

ご相談者様の状況・ご相談内容

男性の離婚ケース

  • 相談者:Aさん(30代女性)
  • 相手方:Cさん(Bさんの妻)

事案

Aさんは、既婚男性のBさんと交際していました。Bさんの妻Cさんの代理人を通じて500万を超える慰謝料を請求する通知が届いたため、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

双方の代理人が交渉を行いました。AさんはBさんとの交際を認めましたが、Bさん夫妻は離婚をしないこと、Bさんと交際当時、夫婦関係が破綻していたことを主張しました。

交渉がうまくいかない場合に備え、同居家族に内密に行うため手段を講じ、交渉を行うことにより、不安を払拭して進めることができました。

結果として、当初の請求額より大幅に減額された解決金を支払うことで合意し、示談で早期に解決することができました。

所感

特に訴訟に移行されては困るという強い希望がございましたので、そのような事態を回避することを優先して交渉にあたりました。

初期は態勢を整えるためにじっくりと交渉を行い、準備が整ってからは迅速に交渉するというように、依頼者のニーズに応じた交渉を行いました。

結果的には裁判を回避して示談をまとめることができ、同居家族に知られることなく事件の解決に至りました。

受任から解決までの期間

6か月

↑ページトップへ