事例08 借り入れを重ねて膨らんでしまった借金を自己破産により清算しました。

地域の皆様へ

事例08 借り入れを重ねて膨らんでしまった借金を自己破産により清算しました。

ご相談者様の状況・ご相談内容

  • M様(30代後半)

鞄を紛失し、その後身に覚えのない借り入れをされてしまいました。また、勤務先の経営不振によって給与が一部支払われなくなりました。生活費や借金返済に充てるために新たに借り入れを重ね、債務総額が膨らんでゆきました。

借金について、当初家族には隠していました。しかし一人で返済しながら家庭を支えることは困難であると感じ、家族と話し合った結果、自己破産をして債務を清算し再スタートを切ろうと決意し、弁護士に相談をしました。

借金および財産の状況

借金 財産
信販系金融 1社 30万円 預貯金 10万円
消費者系金融 4社 90万円
合計 120万円

月々の家計の状況

収入 支出
本人の収入 30万円 生活費 20万円
配偶者の収入 7万円 家賃 6.5万円
合計 37万円 合計 26.5万円

解決のご提案

当初は任意整理を予定しておりましたが、小さなお子さんもおり債務を一旦すべてなくした上で新たにスタートを切りたいという依頼者様のご意向を踏まえ、自己破産手続きへの変更をご提案しました。

手続きの結果と費用

手続きの結果

手続きを進めていくにあたり、これまで作成していなかった家計簿等を作成いただくことで支出を抑え、家計の状況を安定させ計画的に貯蓄等もできるようになりました。ご家族のご協力もあり、費用を確実に積立しつつ「家計の状況」も毎月ご提出くださいました。

不動産等資産がなかったため同時廃止で申立てを行い、その際にはこれまでの借り入れ等について反省文を書くなどして、無事に免責となりました。

手続きの費用
費用 支払方法
着手金 20万円 分割払い
破産申立実費 1.2万円 一括払い
弁護士報酬 10万円 一括払い
手続きの費用

契約から10ヶ月

↑ページトップへ