事業案内中小企業・労務問題

私たちは、経営者の皆さまの味方です

私たちは、経営者の皆さまの味方です

はじめに

「顧問弁護士なんて、まだ早い」と思っていませんか?

私は、規模の小さい会社や設立したばかりの会社こと顧問弁護士が必要だと考えています。

大企業は、顧問弁護士や企業内弁護士によって「法の力」を大いに活用しています。消費者と労働者も、何かあれば弱者の人権保障の下、さまざまな弁護士会や弁護団の支援を受けることが可能です。

しかし、中小・中堅企業は積極的に協力する弁護士が少なく、行政も保護には消極的です。

私は、このような厳しい現状におかれている中小・中堅企業こそ「法の力」を活かし強力にサポートすべきだと考えています。

地元愛知と名古屋の中小・中堅企業の皆さまと一緒になって働き、地域への貢献をしてまいります。

名古屋総合法律事務所が選ばれる理由

理由1 企業法務専門チームで問題を迅速に解決できるから

問題の解決には、弁護士・税理士・司法書士・事務局からなる専門チームがあたります。
チームで情報を共有し一体となって動いていますので、法律問題だけでなくその他税務、定款、登記など、企業にまつわる問題をトータルで解決に導くことができます。

理由2 中小・中堅企業様との顧問契約が豊富だから

当事務所では現在30社以上(2014年2月)の中小・中堅企業、病院、個人の事業者の方々と顧問契約を結んでいます。 顧問契約にいたらなくても、繰り返し法律相談を御医療頂く企業様も多数です。

理由3 リーガルチェックによるリスクの管理ができるから。

日常的に、契約書などのリーガルチェックをすることで、リスク管理ができ、また法律知識をもって契約交渉を有利に進めることも可能になります。

取引慣行のみでは解決できない、企業間の問題も発生している昨今、契約書はますます重要になると考えています。

取扱業務

  • 顧問弁護士
  • 契約書の相談
  • 知的財産権
  • 債権回収の相談
  • 会社法
  • 商業登記、会社設立
  • 助成金
  • 労務問題、労働事件
   
↑ページトップへ